パレスチナのナーブルスソープが2017年11月 日本初上陸 !

2017年11月(予定)、ナーブルスのオリーブオイルソープが日本で初めて販売されることになりました。
ナーブルス・ソープ・カンパニー社が弊社を日本の総代理店として選んでいただいたことは、大変光栄です。

1611年に創業開始した歴史ある ”ナーブルスソープ” 日本初上陸 しました。

ナーブルス・ソープ・カンパニー社は、昔ながらの製法で最高品質のオリーブオイルと天然素材のみを使い、手作りで作られたオーガニック石鹸です。最高品質のオリーブオイルに、死海の泥やハーブを加えて作られています。
現在は、オーガニック大国ドイツやカナダ、マレーシア等で販売され、とても高い評価を得ています。

ナーブルスは、人口約146,000人のパレスチナで7番目に大きな都市です。
1072年にローマ帝国がこの地を治めてから、イスラム勢力や十字軍による支配を繰り返し、アイユーブ朝、マムルーク朝、オスマン帝国へと引き継がれ、第二次世界大戦後はヨルダンの統治下になり、1967年にはイスラエルの統治下に移り、1995年にパレスチナ自治政府のもとに置かれた歴史の長い都市です。

ナーブルスの女性達が、家事をするために手作りでつくっていたのがナーブルスソープの始まりで、1611年には初めて製品化するための工場ができました。現在に至るまで、その製造法は変わっておらず、現在まで継承されています。

また、遊牧民であるヘドウィンによって、ナーブルスソープが地中海沿岸の地域まで広まり、英国クイーン・エリザベス1世まで伝わりました。クイーン・エリザベス1世がこの石鹸を大絶賛したことで、ヨーロッパの女性たちにも瞬く間に広がっていきました。1931年には、イギリス政府によって品質が認められています。

 

ナーブルスソープは、天然オリーブオイルで作られており、成分の品質は純粋で自然なので、肌トラブルを抱えた方にもおすすめできます。豊かでクリーミーな風合いの石けんは、各種類ごとに独特の性質と繊細な香りがあり、どれもユニークです。

ナーブルス・ジャパンでは、「死海の泥」「タイム」「ナチュラルオリーブオイル」「グレープ」「アボカド」を販売します。特に死海の泥ソープとタイムは、代表的な石けんです。

 

ナーブルスソープの特徴として、以下が挙げられます。

●アルコールフリー
●人工着色料不使用
●硬化剤不使用
●防腐剤不使用
●オーガニック
●植物ベース
●生分解性
●低アレルギー性
●動物性原料不使用
●アニマルテストフリー(各成分も含め、動物実験は一切行っていない)