[HANA] パレスチナのオリーブオイル狩り

みなさんこんにちは、Hanaです。

お久しぶりです!

 

最近やっと涼しくなってきましたね。

パレスチナでもそろそろ涼しくなってくる頃です。

10月半ばには雨季があり、雨の日が続きます。

アラブといえば砂漠をイメージする方がほとんどだと思いますが、パレスチナは砂漠地帯ではありません。日本と緯度は近く、四季もあります。

しかし雨はなかなか降らないので、パレスチナ人のみなさんは雨季を楽しみにしています。

おそらく日本人は雨があまり好きではないでしょう。なぜなら日本は湿度が非常に高いため、雨が降るとよりジメジメとしてしまうからです。低気圧と湿度の影響で体調を崩してしまう、、なんて方も多いのではないかと思います。

パレスチナで雨が降るということを知らなかった私は、「明日は雨らしいよ!」と友人に言われ、とても落ち込んだ記憶があります。

しかしパレスチナ人の友人はみな喜んでいました。彼ら曰く、雨が降ると涼しいし、天の恵みを感じるそう。

たしかに、私も雪が降らない地域出身なので、雪が降ると嬉しく思うのと同じでしょうか。無い物ねだりですね(笑)

 

そんな10月の上旬、雨季に入る前にはパレスチナの一大イベントである”オリーブ狩り”の季節です!

私も昨年オリーブ狩りを体験させていただきました。○○狩りと聞くと、もぎ取った後その場で食べるのが一番の楽しみですが、オリーブ狩りはそうではありませんでした。

パレスチナでのオリーブ狩りは、基本的に自分の家のオリーブを狩ります。オリーブの木が家にない家庭はほぼなく、むしろ家族だけで狩るのは大変なので、私はそれを手伝うというかたちでした。もちろん貴重な体験でしたので喜んで引き受けました!

しかし、狩ったオリーブは見た目はブドウのようですが、硬くて食べられるものではありません…

 

各家庭で摘んだあと、業者に預けます。それを特別な機械でオリーブオイルにしてもらうのです。

ほとんどオリーブオイルにしますが、一部は預けずに漬けておき、ピクルスにして食べることもあります。後日そのオリーブオイルをいただきましたが、私の知っていたオリーブオイルよりはるかにコクがあり美味しかったです。ただパンにつけるだけでも本当に美味しいです!

 

オリーブオイルは健康にも美容にもよく、コレステロールの低下を促進したり、抗酸化作用もあるためアンチエイジング効果もあります。

またパレスチナ人の女性たちは、オリーブオイルをグレイジングオイルとして使うことがよくあります。

オリーブオイルをコットンで肌に塗り、その後通常どおり洗顔するといった、簡単な方法です。私の友人の中にはグレイジングオイルを知らない子もいたので、パレスチナではかなり主流なメイク落としになっているようです。

 

石鹸だけにとどまらず、直接オリーブオイルを摂取することも健康に良いので、是非意識してみてください☆

パレスチナ在住レポーター
現在大学生です。パレスチナではナーブルスソープの発祥地、ナーブルスの大学にてアラビア語を勉強中。
ナーブルスをはじめパレスチナの文化や美容に関する記事を主に書いていきます。
ライターの中ではおそらく一番年下ですが、人生経験が少ない分、フレッシュな目線からみなさんにお届けできたらと思っております!どうぞよろしくお願いします!